● 離婚手続

 「離婚」に関連する各種手続を承ります。

 離婚手続といっても,その時の状況により色々なケースがあります。

 問題が表に出てくるのは,話し合いにより離婚が決まったとき,いよいよ離婚を検討し始めたとき,離婚後の入金等の手続に問題が発生したとき,などがあるかと思います。

 また,離婚はしないが,損害賠償を請求することや,安易に離婚に至らぬよう,婚前契約を締結することも,ある種,離婚に関係する手続きとなります。

 これらの問題は,2人の間だけの問題であれば,そんなに大きな問題になりませんが,ここに子供がいることにより,単純な状況ではなくなります。

 そして,小さな子供は,自分がどうしたいということを,明確に意思表示することはできません。

 また,夫婦の当人同士でも,この困難の切り抜け方次第で,体力の消耗に大きな差が生じます。

 離婚は結婚よりも大変です。

 この困難をスムーズに切り抜け,前向きに明るく次の生活に移れるよう,お手伝いをいたします。

ちゃぼ

 ● 手続の流れ(公正証書による協議離婚の場合)

@.電話・FAX・メール等によるご依頼受付
A.依頼人との詳細のヒアリング(対面確認)
B.状況の整理(事実確認・協議内容の調整)
C.離婚公正証書の作成
D.離婚届,その他戸籍手続

※とことん争うときは,弁護士へご案内いたします。

 離婚は,統計上その9割が協議離婚と言われております。
 この不景気で,養育費の支払いなどは,双方にとって厳しいものであることは間違いありません。
 単純に懲罰的に慰謝料を請求するとか,今後一切関わりが無くなるのなら,分かり易くてよいのですが,
 子供がいるときなどは,今後も継続的に関わりを持たなければなりません。
 元の鞘に納めることまでは必要ありませんが,最低限のコミュニケーションが取れるようにした方がいいと思います。
 この意識が,9割という数字に表れていると思います。

 私たち法律家は,依頼者の利益になるよう職務を進めます。
 この利益は,何も金銭に限ったものでもありません。
 全体のバランスを見て,アドバイスをさせていただきます。
 これは,依頼者にとって,聞こえのいいことばかりのアドバイスでは無い,ということでもあります。
 このあたりを,充分にご納得,ご理解いただけるよう,他の業務より少し時間をかけて対応いたします。

 

 ● 報酬額
離婚手続基本(公正証書による) 84,000円〜
各機関への個別手続 10,500円〜
 具体的な見積は,個々の状況により変動します。まず,相談を経てから,ご依頼を検討いただければと思います。
 別途,公正証書作成に伴う公証人手数料,交通費・通信費(実費相当)等が発生します。